PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 『坂の上の雲』宣伝は違法、市民団体が松山市に監査請求…「特定の歴史認識や価値観を都合よく解釈」

NHKドラマ「坂の上の雲」放送に際し、番組を宣伝するチラシを松山市が作成し配ったのは違法として、「“坂の上の雲”記念館の問題を考える会」などの市民団体は29日、市に印刷費など約20万円の返還を求める住民監査請求をした。

同会の山中哲夫代表は市役所で記者会見し「日露戦争など特定の歴史認識や価値観を都合よく解釈した作品。公的機関が宣伝するのは、市民の思想と良心の自由を侵害し、職権乱用にあたる」と訴えた。

ドラマは松山市などが舞台となった同名の小説が原作。市は昨年11月にチラシ約1万8000枚を市内の広報委員に配布していた。

[ 2010年10月30日 ]
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2010/10/30/11.html

ニュース引用元
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2010/10/30/11.html

2ちゃんねるでの反応
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1288516605/

スポンサーサイト

tag : ドラマ 『坂の上の雲』宣伝は違法 市民団体が松山市に監査請求… 特定の歴史認識や価値観を都合よく解釈

ドラマ 北乃きい、佐野和真が共演するドラマ『虹の向こうへ』が大好評! 「単純なラブストーリーではなく、ハラハラドキドキする」

11月1日(月)から配信開始となるBeeTVドラマ『虹の向こうへ』のモニター試写会が先日行われ、参加者からドラマに共感する声が多く集まった。

物語は、音信不通になった先輩・秋山(細田よしひこ)に再会するため、彼と同じ大学に入学し上京を果たす七海(北乃きい)が、変わってしまった秋山に対する戸惑いや、幼なじみの“達兄”との偶然の再会、新たな仲間たちとの交流を通して成長していく姿を描く。

試写会には現役大学生が多数参加し、上映後に行われたアンケートでは、ドラマへの共感度が89.6%を獲得。「いろんな人の感情や行動がきっかけとなって、気持ちが変わっていくところに共感した」「登場人物のキャラ、それぞれに共感! 自分がドラマと同じ状況にどんな選択をするか、考えるきっかけになった」など、等身大の感想が数多く寄せられた。

さらにドラマ全体の満足度も88.3点を獲得。北乃きい、大東俊介らキャストに魅力を感じたユーザーが多く「単純なラブストーリーではなく、共感ポイントが多くて楽しめた」「ハラハラドキドキする展開で素敵なドラマ」など、ストーリーとキャストの項目で高い満足度を記録した。

現在、本作の公式サイトでは、サイト内で出されるテーマに沿った内容をツイッターでつぶやくと、抽選でソニー“ウォークマン”がもらえるプレゼントキャンペーンを、2011年1月31日(月)の18:00まで実施している。

BeeTV『虹の向こうへ』11月1日から毎週月曜日、BeeTVで配信(全15話)
http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201010290007

出演者北乃きい、大東俊介、細田よしひこ、佐野和真杉本有美、小島藤子、水沢奈子、阪本奨悟、松澤傑吉田友一、刈谷友衣子
http://pre.beetv.jp/pg/10000249/

ニュース引用元
http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201010290007
http://pre.beetv.jp/pg/10000249/

2ちゃんねるでの反応
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1288424140/

tag : ドラマ 北乃きい 佐野和真が共演するドラマ『虹の向こうへ』が大好評 単純なラブストーリーではなく ハラハラドキドキする

テレビ AKB48の大島優子、ドラマ「霊能力者 小田霧響子の嘘」で華やかな振り袖姿を披露

 AKB48の大島優子(22)が、11月7日放送のテレビ朝日系日曜ナイトドラマ「霊能力者 小田霧響子の嘘」第5話(午後11時15分)で華やかな振り袖姿を披露する。

 大島は、主演の石原さとみ(23)演じる小田霧響子を操る強烈な女社長・飯伏薫を演じている。大島の振り袖姿が見られるのは、劇中番組の記者会見の場面。ピンク地の着物に、レース使いの半襟や大輪の花を髪飾りにするなど現代風にアレンジ。

 大島はパールをあしらった帯締めが気に入ったという。「成人式の時はグリーン系だったので、こんな鮮やかなピンクの振袖を着られてスゴくうれしいです」と上機嫌。AKB48でもあまりピンクの衣装は着ないそうで、「気持ちがルンルンしちゃいます」と盛り上がっていた。これを機に「より派手に、響子に負けないくらいの勢いで頑張ります」と意気込んだ。長時間に及ぶ撮影の合間には、石原とのガールズトークを楽しんでいた。なお同番組の通常放送は午後 11時。

ソース:テレビ朝日|テレ朝news
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/geinou/geinou_news/contents/hot_20101030_010.html
画像:http://www.tv-asahi.co.jp/ann/geinou/geinou_news/img/hot_20101030_010_001.jpg
テレビ朝日|霊能力者 小田霧響子の嘘◇http://www.tv-asahi.co.jp/odakyo/

ニュース引用元
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/geinou/geinou_news/contents/hot_20101030_010.html
http://www.tv-asahi.co.jp/odakyo/

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/geinou/geinou_news/img/hot_20101030_010_001.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1288402207/

tag : テレビ AKB48の大島優子 ドラマ 霊能力者 小田霧響子の嘘 で華やかな振り袖姿を披露

芸能/ドラマ 原作のマンガや小説に近いorかけ離れたドラマ、近いに「エースをねらえ!」「のだめ」、かけ離れたに「小公女セイラ」

原作のマンガや小説に近い・かけ離れたドラマ

 マンガや小説を原作にしたテレビドラマが乱立しているだけあって、皆さんの投稿も作品がバラバラでした。マンガをドラマ化する場合、登場人物たちの見た目や服装などの統一感を評価する声がありました。

 上戸彩が、テニスプレーヤーとして成長していく岡ひろみを演じた「エースをねらえ!」。放送は2004年でしたが、73~80年に描かれた原作マンガにならって「携帯電話を使う人がいなかった」と、大阪府大東市の弘子さん(53)。「合宿でコーチ(内野聖陽)が着ている着物も『くもの巣柄』で原作通り」としっかりチェックしています。

 和歌山市のおんぷさん(35)は、オーケストラでの演奏に情熱を注ぐ音大生らが登場する「のだめカンタービレ」を挙げます。普段はだらしないけれど、ピアノの能力は天才的という「のだめ」になりきっていた点で「上野樹里ちゃんの演技力に圧倒させられ続けました!」。のだめが千秋(玉木宏)にぶっ飛ばされる描写も、マンガ的でユニークでしたね。

 「原作に近くなかったのに感動した」との声も。深夜まで営業する洋菓子店を舞台に、個性的な従業員と客がおりなすドラマ「アンティーク~西洋骨董(こっとう)洋菓子店~」(滝沢秀明ら出演)。滋賀県守山市の主婦Yさん(52)によると、制作当時、原作は雑誌に連載中で、ドラマの物語の大半はオリジナルでした。でも、雰囲気は損なわず、「脚本の岡田恵和氏はマンガの読み方を心得ている」そう。

 逆に、兵庫県加古川市の由美子さん(31)は、児童文学「小公女」の登場人物の1人、ベッキイの映像化での扱いにお怒りです。「志田未来主演のドラマ『小公女セイラ』では男にされてしまっている」。主人公が固い信念を維持できたのは「いつもベッキイが寄り添っていたからで、主人公同様に主要人物」と強調しています。

http://www.asahi.com/kansai/entertainment/dodas/OSK201010290037.html


ニュース引用元
http://www.asahi.com/kansai/entertainment/dodas/OSK201010290037.html

2ちゃんねるでの反応
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1288387008/

tag : 芸能 ドラマ 原作のマンガや小説に近いorかけ離れたドラマ 近いに エースをねらえ のだめ かけ離れたに 小公女セイラ

海外ドラマ ギャング映画の傑作『グッドフェローズ』がTVシリーズ化

巨匠マーティン・スコセッシが監督、ロバート・デ・ニーロやジョー・ペシらをはじめとする実力派俳優たちが出演して制作され、ギャング映画の名作としていまなお人気の高い映画『グッドフェローズ』がテレビシリーズ化されることになったようだ。

 デジタル・スパイによれば、本作の原作を執筆しスコセッシ監督と共同脚本も務めたニコラス・ピレッジがテレビシリーズ制作を認めたという。劇中ではレイ・リオッタが演じた実在のギャングスター、ヘンリー・ヒルの映画本編より前の人生を描く前日譚(たん)となるそうで、スコセッシ監督もこの企画にかかわるという。

 ピレッジはカルチャーマガジンに「わたしもやりたがっているし、スコセッシもやりたがっている。そして製作のワーナーもやりたがっているよ」と話しており、この計画は実現しそうな様子だ。

 激しい暴力シーンとテンポの良いストーリー、それに絡む俳優たちの見事な演技で彩られた素晴らしさから、根強いファンが多い本作。このニュースをと取り上げた映画サイト・ラマズスクリーンなどを見ると、オリジナル映画への思い入れの強さから反発を感じる人も多いようなのだが、果たして彼らを満足させる物語になるのか、注目したいところだ。

http://www.cinematoday.jp/page/N0027970

ニュース引用元
http://www.cinematoday.jp/page/N0027970

2ちゃんねるでの反応
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1288352147/

tag : 海外ドラマ ギャング映画の傑作『グッドフェローズ』がTVシリーズ

ドラマ 内容モロかぶりの『黄金の豚』と『ナサケの女』…篠原涼子の「知らなかった」発言に米倉涼子がカチンと来たはず、と関係者

 10月スタートのドラマで最大の話題は「W涼子」の激突だろう。篠原涼子(37)が水曜夜10時から『黄金の豚』(日本テレビ系)に主演すれば、一方の米倉涼子(35)は木曜夜9時から『ナサケの女』(テレビ朝日系)に登場。こちらもモチロン主演だ。

 実は2人のドラマ、内容が“モロかぶり”。米倉は国税局査察官、一方の篠原は会計検査庁の調査員という役柄でどちらも税金がらみ。実力を見こまれて重要部署にヘッドハンティングされるところまでソックリだ。さらに米倉主演の『ナサケの女』の脚本は、篠原をスターダムに押し上げた『ハケンの品格』と同じ中園ミホ氏である。思えばドラマのスタート前から、2人の間には火花が飛び散っていた。『黄金の豚』制作発表で、米倉のドラマについて聞かれた篠原は「知らなかった。自分のことに夢中なので」とサラリといってのけたのだ。ある芸能関係者がいう。

 「あの発言、米倉さんは相当カチンときたはずですよ。米倉さんは普段から自分の出ていないドラマでも一通り目を通すほどプロ意識が強い。今回の篠原さんのドラマについても、スタッフに“向こうはどんな内容なの?”“わからないの?”と聞いてまわっていましたからね。それなのに自分のドラマを“知らない”といわれたんじゃ、バカにされた気になったのでは」

 米倉が気にするのも無理はない。この2人の因縁は、4年前の2006年夏にさかのぼる。まったく同じ木曜夜10時の時間帯で、米倉は『不信のとき』(フジテレビ系)に、篠原は『花嫁は厄年ッ!』(TBS系)にそれぞれ主演して一度「ガチンコバトル」を繰り広げているのである。あるキー局関係者が振り返る。

 「あの時は完全に“共倒れ”でしたからね。悪女イメージのある米倉さんが一途な妻を演じたり、“負け犬OL”キャラで人気だった篠原さんが嫁姑バトルを繰り広げたりというミスキャストもあり、結局お互いの視聴率を食い合う形になってしまった。2人とも顔には出しませんが、“今度こそ白黒つけてやる”という気持ちなんじゃないですか」

全文
http://www.news-postseven.com/archives/20101027_4321.html

関連米倉涼子 打倒・篠原涼子 前祝いで“潰す”
http://wjn.jp/article/detail/5293432/

ニュース引用元
http://www.news-postseven.com/archives/20101027_4321.html
http://wjn.jp/article/detail/5293432/

2ちゃんねるでの反応
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1288278051/

tag : ドラマ 内容モロかぶりの『黄金の豚』と『ナサケの女』…篠原 知らなかった 発言に米倉涼子がカチンと来たはず と関係者

PR

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。