PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽 斉藤和義、デビュー19年目で初めて民放ドラマ主題歌を担当・・・10月12日スタートの松嶋菜々子主演新ドラマ「家政婦のミタ」

 シンガー・ソングライターの斉藤和義が、10月12日スタートの女優・松嶋菜々子主演の新ドラマ『家政婦のミタ』(毎週水 後10:00~ 日本テレビ系)で、2年ぶりに連続ドラマの主題歌を手掛けることが28日、わかった。

 笑顔を封印した家政婦・三田が、家族のトラブルを解決していく異色のホームドラマに新曲を提供する斉藤は「いろいろなものを失った人たちの再生がテーマと聞いたので、それを意識して作りました」と胸の内を告白。39枚目となるシングル「やさしくなりたい」で“再生”をテーマに、いつか笑顔で前に進めればという想いを歌う。

 1993年にシングル「僕の見たビートルズはTVの中」でデビューした斉藤は、2009年に『リミット-刑事の現場2-』(NHK総合)でキャリア初の連ドラ主題歌を担当。ストレートに愛を綴ったバラード「愛の灯」を書き下ろしたが、今回“民放初”となる同楽曲では、斉藤らしいギターサウンドが印象的なポップなナンバーに。「シリアスな部分も多いドラマなので、その中で僕の歌が少しでも救いの要素になればと考えています」と力を込める。()

ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
http://www.oricon.co.jp/news/movie/2002229/full/
画像:斉藤和義(中央)のPV撮影を表敬訪問した(左から)忽那汐里、長谷川博己、松嶋菜々子、相武紗季
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20110929/2002229_201109290652999001317243632c.jpg
ドラマ「家政婦のミタ」に主演する松嶋菜々子
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20110929/2002229_201109290653106001317243632c.jpg



ニュース引用元
http://www.oricon.co.jp/news/movie/2002229/full/

http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20110929/2002229_201109290652999001317243632c.jpg

http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20110929/2002229_201109290653106001317243632c.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1317247532/

スポンサーサイト

tag : 音楽 斉藤和義 デビュー19年目で初めて民放ドラマ主題歌を担当・・・10 家政婦のミタ

音楽 倖田來未、ドラマ「謎解きはディナーのあとで」のオープニングテーマ曲を担当・・・11月30日発売の新曲「Love Me Back」

 歌手、倖田來未(28)が10月18日スタートのフジテレビ系「謎解きはディナーのあとで」(火曜後9・0)のオープニングテーマ曲を担当することが26日、分かった。

 11月30日発売の新曲「Love Me Back」で、依頼を受けて台本を読んだ上で自ら作詞にもかかわっており、ミディアムテンポのリズミカルなサウンドに、セクシーボイスを絡ませた楽曲が完成した。

 嵐の櫻井翔(29)が主演、女優の北川景子(25)がヒロインを務める同ドラマは、作家、東川篤哉氏の同名人気ミステリー小説が原作。社長令嬢の新米刑事に仕える執事兼運転手が、数々の事件を解決していく物語で、櫻井の変装も見どころの一つだ。

 同曲には♪まだ終わらない 追いつめるわ-などミステリアスな詞が織り交ぜられている。編成企画の成河広明氏は「出来上がった曲を聴いたとき、ドラマの世界観とあまりにピッタリで、思わず鳥肌が立ちました」と感謝しきりだ。

 倖田は、ミュージックビデオで“セクシーポリス”のコスプレにも挑戦。ドラマについて「シリアス過ぎないユーモアあふれる演出で事件の謎を解き、真相に迫っていくストーリーが今までにない切り口で、とても新鮮でした」と感想を述べ、「楽曲も、このドラマにそったテイストに仕上がったと思います」と胸を張った。

ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
http://www.sanspo.com/geino/news/110927/gnj1109270503014-n1.htm
画像:http://www.sanspo.com/geino/images/110927/gnj1109270503014-p1.jpg
http://www.sanspo.com/geino/images/110927/gnj1109270503014-p2.jpg


ニュース引用元
http://www.sanspo.com/geino/news/110927/gnj1109270503014-n1.htm

http://www.sanspo.com/geino/images/110927/gnj1109270503014-p1.jpg

http://www.sanspo.com/geino/images/110927/gnj1109270503014-p2.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1317069155/

tag : 音楽 倖田來未 ドラマ 謎解きはディナーのあとで のオープニングテーマ曲を担当・・・11月30日発売の新曲 Love Me Back

訃報 日本を代表するテノール歌手、五十嵐喜芳さんが死去・・・ドラマ「コメットさん」の父親役でも話題に

 戦後日本を代表するテノール歌手の一人で昭和音楽大教授の五十嵐喜芳(いがらし・きよし)さんが23日、急性心筋梗塞で死去した。83歳だった。告別式は近親者で行い、後日お別れの会を開く予定。喪主は妻、直代さん。

 神戸市出身。東京芸大を経てイタリアに留学し、人気テナーとして活躍。ベルディ、ロッシーニなどのイタリア・オペラを得意とした。1985年に藤原歌劇団総監督へ就き、字幕スーパーを導入するなど、意欲的な公演を行った。

 普及の手腕を買われ、99年から2003年まで、東京・初台の新国立劇場で2代目のオペラ芸術監督を務め、イタリア・オペラを中心とした名作路線で愛好家を増やした。00年から07年まで昭和音楽大学長として後進育成に尽力した。テレビでは、ワイドショーの司会や、ドラマ「コメットさん」の父親役で話題を呼んだ。91年に紫綬褒章、98年に勲三等瑞宝章を受章。

ソース:YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20110926-OYT1T01213.htm
画像:死去した五十嵐喜芳さん(テノール歌手)
http://img.47news.jp/PN/201109/PN2011092601000989.-.-.CI0003.jpg


ニュース引用元
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20110926-OYT1T01213.htm

http://img.47news.jp/PN/201109/PN2011092601000989.-.-.CI0003.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1317070214/

tag : 訃報 日本を代表するテノール歌手 五十嵐喜芳さんが死去・・・ドラマ コメットさん の父親役でも話題に

フジテレビ 独島愛で知られる“反日”キム・テヒ主演ドラマ『僕とスターの99日』でフジテレビ批判への「燃料投下」

ジテレビ<「独島」愛>キム・テヒ主演ドラマで燃料投下?!2011年9月21日 13時00分

フジテレビでは10月スタートの2011秋の新番組を紹介しているが、毎週日曜21:00~21:54の「ドラマチック・サンデー」の新ドラマ「僕とスターの99日」の特設ページでは、9月18日、「キャスト&スタート日が決定しました」として、すでに明らかにされていたW主演の西島秀俊とキム・テヒ、そして桜庭ななみの他に、朝加真由美、生田智子、石黒英雄、倍賞美津子、要潤がキャスティングされたこと、そして「待望のスタート日は10月23日(日)夜9時~に決定!!」したと伝えている。

「キム・テヒ、スイスで<独島キャンペーン>開催」このフジテレビの新ドラマ、主演に韓国女優キム・テヒを起用したことで、ネット上で話題になっている。「韓流偏重」ということもあるが、2005年の朝鮮日報において、「キム・テヒ、スイスで<独島キャンペーン>開催」が報じられたことから、キム・テヒさんが韓国の「反日スター」のひとりとする向きもあり、またまたフジテレビ批判への「燃料投下」の感があるからだ。



ニュース引用元
http://www.excite.co.jp/News/it_biz/20110921/Dreaminnovation_vent_news_9Qzg1JB4k.html?_p=2
http://www.excite.co.jp/News/it_biz/20110921/Dreaminnovation_vent_news_9Qzg1JB4k.html

2ちゃんねるでの反応
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1316841084/

tag : フジテレビ 独島愛で知られる“反日”キム テヒ主演ドラマ『僕とスターの99日』でフジテレビ批判 燃料投下

TV 民放よりNHKドラマのほうが秀逸なのは、ジャニーズやAKB48などのアイドルに媚びる必要がなく演技重視でキャスティングできるから?

2010年10月から12月にかけて放送されたNHKドラマ「セカンドバージン」。主要キャストはそのままに、ドラマから5年後のクアラルンプールを舞台にした映画「セカンドバージン」が9月23日から公開となる。今回のように、NHKのドラマがそのままのキャストで映画化される場合もあれば、「八日目の蝉」「クイール」「ゲゲゲの女房」など、NHKがドラマ化したあとで、別キャストによる映画化というパターンもある。

さらに付け加えるならば、NHK大河ドラマ「篤姫」で主役を演じた宮崎あおいは、同作によって国民的女優と呼ばれるようになり、連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」でヒロイン役にふんした松下奈緒は、この作品でブレイクした。

そう考えると、民放よりもNHKドラマのほうが秀逸で、注目度も高いのだろうか。関係者に聞いてみた。「スポンサーがいないぶん、自由なドラマを制作できるのがNHKなんです。無理に商品を出したり、CMで物語が途切れることもないですから。さらに、視聴率は民放ほど必死にならなくていいNHKは、ジャニーズやAKB48などのアイドルに媚びる必要がない。つまり、演技重視でキャスティングできる。だからこそ、重厚なものや本格派、年輩の方が喜ぶ作品が作れる」

では、俳優から見たNHKドラマはどうなのだろうか。「やはり魅力的だと思いますよ。例えば、フジの月9は注目度の高い枠ですが、ある一定の層にしかアピールできません。その点、NHKのドラマは年齢層が幅広いだけでなく、年輩の方の信頼度が非常に高い。NHKに出演できて一人前、なんてことを言う人もいるんですから。また、民放のように●●県では見れないということがないため、確実に全国区。顔を売るならNHKのほうがいいですよね。そこにきて演技重視の本格派ドラマとなれば、俳優にしてみたら、ギャラとか関係なくとにかく出演したいというのが本音でしょう。そこで名を馳せれば、自然と道が開けてきますからね」。

さらに――と、関係者は付け加える。「NHKのドラマに出て、幅広い層に顔を認知されれば、CMが入ってきます。結局、ドラマや映画だといっても、ギャラがいいのはCM。そういった面からしても、NHKドラマで知名度を上げるというのは重要なことなんです」

http://www.hollywood-ch.com/trend/11091901.html?cut_page=1&sep_page=0

ニュース引用元
http://www.hollywood-ch.com/trend/11091901.html?cut_page=1&sep_page=0

2ちゃんねるでの反応
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1316491556/

tag : TV 民放よりNHKドラマのほうが秀逸なのは ジャニーズやAKB48などのアイドルに媚びる必要がなく

J-CAST つまらん自主規制…テレ朝ドラマ『砂の器』、「ハンセン(らい)病」の表現を避ける[9/19]

2011年09月19日17時00分提供:J-CASTテレビウォッチ「砂の器 第2夜」(テレビ朝日)2011年9月11日21時~

承前。1夜2夜共に大変緊張感があり面白かったのだが、やっぱりと言おうか残念と言おうか、和賀英良(佐々木蔵之介)の実の父親、本浦千代吉(山本學)の病歴は代えてあった。村を出て放浪の旅に出たのは強盗殺人犯の疑いをかけられたからということにしてあったが、これでは弱いのである。疑われたり村八分にされたとの理由では、どこか知らない街に逃げてひっそり住めばいいこと。

本浦千代吉と秀夫父子が放浪の旅人になったのは、らい病による指の変形や膿の出た姿ですぐそれとわかったために、どんな土地でも定住できなかったからなのだ。原作「砂の器」が哀切なのは、千代吉が当時は不治の病と忌み嫌われ業病といわれた「ハンセン病」であったればこそである。この時代の真実として病名を代える必要はないし、原作者の言わんとしたことを十分伝えるのが先である。

今では特効薬も出来、伝染力も弱い普通の病気の1つとなったが、昭和30年代ではまだお上によって強制的に隔離されていた。三木謙一(橋爪功)という親切な巡査が岡山の隔離施設に収容したればこそ悲しい父子の別れになったので、「らい」が書かれなければ別離の原因が薄弱になる。誠につまらんマスコミの自主規制である。

和賀を演じた佐々木蔵之介は人情ハンチョウのイメージが邪魔をして、育ちが悪く闇を抱えた天才作曲家としては物足りなかった。圧倒的な存在感を見せたのは草臥れた今西刑事の小林薫であった。
http://news.livedoor.com/article/detail/5873860/

ニュース引用元
http://news.livedoor.com/article/detail/5873860/

2ちゃんねるでの反応
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1316449942/

tag : J-CAST つまらん自主規制…テレ朝ドラマ『砂の器』 ハンセン らい の表現を避ける

PR

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。