PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画/ドラマ 人気漫画や人気アニメの実写化に求めるものトップ9。1位は圧倒的に「原作に合ったキャスト」との声。

近年のドラマや映画では、人気漫画をはじめアニメ、ゲームなどを原作とした“実写化作品”が多く誕生しているが、この現状を世間はどう捉えているのだろうか?調査対象・合計1000名(10代~40代の男女)

・漫画やアニメの実写化をどう思う?とても嬉しい    3.8%まあ嬉しい     31.0%あまり嬉しくない  48.4%まったく嬉しくない 16.8%

・実写化に求めるものは?
1位 原作に合ったキャスト                   69.6%
2位 忠実なストーリーの再現                  49.5%
3位 脚本やキャストに原作者の意見を反映させる     33.7%
4位 作品の『肝』となるシーンの再現(試合、手術など)  29.7%
5位 登場人物が持つ小物へのこだわり            22.7%
6位 撮影方法の工夫(CGを使うなど)             13.6%
7位 ストーリーのアレンジ(ラストを変えるなど)       10.6%
8位 撮影場所のこだわり                     10.2%
9位 原作の絵を織り交ぜる                     3.3%

http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2004213/full/

ニュース引用元
http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2004213/full/

2ちゃんねるでの反応
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1322620151/

スポンサーサイト

tag : 映画 ドラマ 人気漫画や人気アニメの実写化に求めるものトップ9 1位は圧倒的に 原作に合ったキャスト との声

TV アジアで大ヒットした韓流ドラマ『フルハウス』、続編が香川県高松市の誘致を受けて日本ロケ。

11月29日、香川県高松市で「フルハウス TAKE2」の制作発表会が行われ、主演のノ・ミヌ、ファン・ジョンウム、パク・ギウンとキム・ジニョン監督が出席した。

「フルハウス TAKE2」は、2004年にRain(ピ)とソン・ヘギョ主演で制作され、アジアで大ヒットを記録したドラマ「フルハウス」の続編。日中韓の3国共同制作として震災後初の日本誘致を実現。香川県の高松市および小豆島での撮影がスタートした。

出演者たち
http://www.wowkorea.jp/upload/news/91345/20111129fullhouse1.jpg

http://www.wowkorea.jp/news/enter/2011/1130/10091345.html


ニュース引用元
http://www.wowkorea.jp/news/enter/2011/1130/10091345.html

http://www.wowkorea.jp/upload/news/91345/20111129fullhouse1.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1322640997/

tag : TV アジアで大ヒットした韓流ドラマ『フルハウス』 続編が香川県高松市の誘致を受けて日本ロケ

映画 清水崇監督の最新スリラー『7500』に海外ドラマ『トゥルーブラッド』のライアン・クワンテンが出演

『トゥルーブラッド』のジェイソン役で知られているライアン・クワンテンが、『呪怨』の清水崇監督がハリウッドで撮影中のスリラー『7500』に出演中だ。

もともとホラー映画『デッド・サイレンス』に出演しているなど、ホラーとは縁のあるライアン。最近ではホラー映画『クライモリ デッド・エンド』のジョー・リンチ監督が手がけるファンタジーホラー『Knights of Badassdom』にも出演している。

ドラマのレギュラーを持つ俳優の悩みとしてあるのが、スケジュールの調整。ライアンも忙しいスケジュールをやりくりして映画に出演しているようだ。気になるのが『トゥルーブラッド』シーズン5だが、現在『7500』を撮影中のライアンは次のように語っている。

「シーズン5の脚本は上がってきてるよ。撮影は11月末から始まる。『7500』の現場が、僕の出演スケジュールを調整してくれたおかげで、『トゥルーブラッド』にも穴を開けずに済んだんだ」

ちなみに彼の最新作『Knights of Badassdom』には、『ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ』のサマー・グローも出演。こちらは来年8月31日にアメリカで公開予定。

ライアン
http://dramanavi.net/news/upimg/201111/201111300000000thumb.jpg

http://dramanavi.net/news/2011/11/post-1148.php


ニュース引用元
http://dramanavi.net/news/2011/11/post-1148.php

http://dramanavi.net/news/upimg/201111/201111300000000thumb.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1322619154/

tag : 映画 清水崇監督の最新スリラー『7500』に海外ドラマ『トゥ クワンテンが出演

ドラマ 日本テレビ・大久保社長「予測していなかった。脚本の力が素晴らしい」…高視聴率の「家政婦のミタ」最終回放送時間延長を検討

「家政婦のミタ」高視聴率で最終回枠拡大も女優・松嶋菜々子(38)主演で高視聴率を記録している日テレ系連続ドラマ「家政婦のミタ」(水曜・後10時)の最終回(12月21日)の放送時間が延長される可能性があることが28日、明らかになった。

東京・汐留の同局で行われた定例会見で、小杉善信編成局長が「枠の拡大については局内の調整があるのでまだ言えないが、ミタ効果を活用していきたい」と示唆した。同ドラマの第7話までの平均視聴率は20・9%と好調。大久保好男社長は「予測していなかった。脚本の力が素晴らしい」と笑顔だった。12月23日には同じ松嶋主演の映画「ゴーストもういちど抱きしめたい」を放送する。[2011/11/29-06:01 スポーツ報知]

スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20111129-OHT1T00010.htm

家政婦のミタ
http://www.ntv.co.jp/kaseifu/

ニュース引用元
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20111129-OHT1T00010.htm
http://www.ntv.co.jp/kaseifu/

2ちゃんねるでの反応
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1322532138/

tag : ドラマ 日本テレビ 大久保社長 予測していなかった 脚本の力が素晴らしい …高視聴率の 家政婦のミタ 最終回放送時間延長を検討

ドラマ 永作博美、約3年ぶり連ドラ主演で“子持ちの女刑事”役に…日本テレビ系「ダーティ・ママ!」、共演に香里奈

永作博美、3年ぶり連ドラ主演で“子持ちの女刑事”役 2011年11月29日 07時00分女優・永作博美が来年1月スタートのドラマ『ダーティ・ママ!』(毎週水曜 10:00~ 日本テレビ系)
で約3年ぶり、かつ出産後初の連ドラ主演を務めることが28日、わかった。シングルマザーでありながら検挙率トップの敏腕刑事が、女優・香里奈演じる見習い刑事とタッグを組み、軽妙なコメディを展開。今期大ヒットとなった松嶋菜々子主演の『家政婦のミタ』の後枠には、母親となった永作が陰では賄賂OK、おまけに職場や現場にまで子ども同伴で駆けつける、破天荒な刑事となって女の生き様を見せつける。

永作が連ドラで主演を務めたのは2008年7月にテレビ朝日系で放送された『四つの嘘』以来。前回は魔性の女性を演じたが、今回はイメージを一新。ドラマ・映画『アンフェア』シリーズの作者・秦建日子氏の小説『ダーティ・ママ!』、『ダーティ・ママ、ハリウッドへ行く!』(河出書房新社)を原作に、タフな女刑事に挑む。女傑・丸岡高子を演じる永作は「自分の守るべきものを守る、生きることはそんな簡単なことじゃないと思ってしっかり生きてる人」と役どころを分析。強引過ぎて誤解を受けやすいキャラクターだが、「今は優しくて遠慮がちな人が多いので、世の中の空気を考えると、良い意味でピリリとした感がある女性です」と、12月のクラインクインを心待ちにしている。

一方、ドラマ『私が恋愛できない理由』(フジテレビ系)などで、さばさばとした男勝りな女性を演じてきた香里奈が、同作では“外見は体育会系だが心は乙女”な見習い刑事・長嶋葵役に挑戦。永作との初共演に「恐縮ですが、かねてからご一緒させていただきたいと思っていた大先輩だったので、とても嬉しかったです」と、喜びの声。「高子(永作)にどう振り回されるのか、どきどきしています」と、初の刑事役に気合をみなぎらせる。

ORICON STYLE http://www.oricon.co.jp/news/confidence/2004174/full/
新ドラマ『ダーティ・ママ!』に主演する永作博美と香里奈(右)
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20111129/2004174_201111290439527001322517632c.jpg

ニュース引用元
http://www.oricon.co.jp/news/confidence/2004174/full/

http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20111129/2004174_201111290439527001322517632c.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1322531344/

tag : ドラマ 永作博美 約3年ぶり連ドラ主演で“子持ちの女刑事”役に…日本テレ ダーティ ママ 共演に香里奈

海外ドラマ マイクロソフトも参入、拡大するオンラインドラマ配信。TV局で打ち切りが決まったドラマをサイトで継続することも検討。

米グーグルが傘下のYouTubeでハリウッドの6大映画スタジオのうち3社と提携、映画配信に力を入れる姿勢を示しているなか、米マイクロソフトはオリジナルコンテンツを制作し、ドラマ業界に本格的に参入しようと動き出した。米Deadlineが報じた。

ここ数年、マイクロソフトは、自社のTVゲーム機、XBoxを通じて配信するオリジナルドラマ・シリーズ制作を模索しており、「MEAN Magazine」とのコラボレーションでCinemashというオンラインのコメディ・シリーズも手がけてきた。

そして、現在、同社はTVドラマ制作の経験をもつ人材をヘッドハンティングしようと動いており、本格的にハイクオリティなドラマ・シリーズを制作してオンラインで配信することを目指しているという。

近年、アメリカではオンラインでのドラマ・シリーズ配信が増加。TVシリーズのプロモーションとして、同時にWebシリーズを配信する例もめずらしくなくなった。また、オンラインにおける米ビデオレンタル最大手Netflixも自社制作のドラマ・シリーズ配信を開始、TV局で打ち切りが決まったドラマを同社サイトで継続することを検討するといった動きも見せている。

Apple TVに続いてGoogle TVが登場し、TVとインターネットの世界が急速に歩み寄っている今、TVに留まらず、オンラインの世界でもドラマ・シリーズが発展していく時代が来ていると言えそうだ。

ビル・ゲイツと呼ばれた男
http://www.tvgroove.com/files/1322548604.jpg

http://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/5968.html

ニュース引用元
http://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/5968.html

http://www.tvgroove.com/files/1322548604.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1322556057/

tag : 海外ドラマ マイクロソフトも参入 拡大するオンラインドラマ配信 TV局で打ち切りが決まったドラマをサイトで継続するこ

PR

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。