PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸能 「爪の先まで役作りした」。高橋愛がドラマ“ATARU”に不倫相手役で出演。ブログで未公開部分明かす

ドラマ『ATARU』に元モー娘。の高橋愛が出演した。彼女は放送後にブログで今回の役作りの為に茶髪にしていたことを明かすと事件解決のヒントとなる重要アイテムの写真も公開した。ドラマでは映らなかったのだが彼女が役作りに徹したことが伝わるものだ。

 中居正広が主演するドラマ『ATARU』は個性的なレギュラー出演者による熱演により、その面白さは時間を忘れさせるほどだ。4月29日の『MISSION 03』ではそれに加えて高橋愛が出演して味のある演技を見せてドラマを盛り上げた。

 高橋が演じたのは殺された広告代理店社長の不倫相手として殺人容疑をかけられるネイリスト役だ。彼女が勤めるネイルサロンは日本で唯一“ブラックメロン”というストーンを取り扱っており、被害者がそれを身に着けていたのである。

 4月30日に高橋愛オフィシャルブログ『I am Ai.』で彼女は早速ドラマの撮影について感想を綴っている。きれいにネイリングした写真を掲載すると「真ん中の指のストーンが、ブラックメロン」と説明しているのだ。

 残念ながらドラマではそこまで映らなかったのだが「実は…爪の先まで役作りしてたんです」と触れると、一緒に相談して作りこんでくれたネイリストさんに感謝していた。

 高橋愛は茶髪から黒髪に変えた写真を公開しており「黒髪にした理由も…早く皆さんにお伝えしたいな」と結んでいる。舞台やドラマと活躍する彼女が次はどこでその姿を見せてくれるのか楽しみだ。(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

ソース:Techinsight Japan
http://japan.techinsight.jp/2012/04/takahasiai-ataru-20120429.html
画像:http://stat.ameba.jp/user_images/20120430/01/takahashiai-blog/ba/98/j/o0480048011944008939.jpg
高橋愛オフィシャルブログ「I am Ai.」◇http://ameblo.jp/takahashiai-blog/entry-11237139073.html



ニュース引用元
http://japan.techinsight.jp/2012/04/takahasiai-ataru-20120429.html

http://stat.ameba.jp/user_images/20120430/01/takahashiai-blog/ba/98/j/o0480048011944008939.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1335770571/

スポンサーサイト

tag : 芸能 爪の先まで役作りした 高橋愛がドラマ“ATARU”に不倫相手役で出演 ブログで未公開部分明かす

テレビ 成海璃子、大河ドラマデビュー…清盛の妻の妹、後白河上皇妃・平滋子役

  女優の成海璃子(19)が、5月よりNHK大河ドラマ『平清盛』(毎週日曜 後8:00)に登場する。松山ケンイチ演じる清盛の妻・時子(深田恭子)の妹で、後に松田翔太演じる後白河天皇(のちに上皇)に嫁ぐ滋子を演じる。大河ドラマ初出演の成海は「毎年日本中が注目している作品で、お祭りのようなイメージもあり、すごく楽しみでした。(清盛は)とても人間味のある人物なので、松山さんにしか出来ない役です。松山さんについていこうと思います」と撮影に臨んでいる。

 歴史上、後白河天皇の寵愛を受けた滋子の存在は、義兄・清盛の昇進を助け、平氏政権樹立に重要な役割を果たした。今回の大河ドラマでは、武家から初めて天皇の母になった“シンデレラストーリー”の持ち主として描かれ、成海は「登場のシーンで“あっかんべ”をしたり、嫌なものは嫌と、物事をはっきり言う人物です。変わり者の後白河天皇とはっきりものを言う滋子の二人が今後どう描かれるのか楽しみです」と話す。()

ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
http://www.oricon.co.jp/news/confidence/2010909/full/
毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/mantan/news/20120429dyo00m200034000c.html
http://mainichi.jp/mantan/news/20120429dyo00m200034000c2.html
画像:大胆な人物デザインも特徴の『平清盛』。成海璃子が演じる滋子は天然パーマの設定で異彩を放つ
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20120430/2010909_201204300945836001335729633c.jpg
http://mantan-web.jp/gallery/2012/04/29/20120429dog00m200034000c/image/001.jpg
成海璃子演じる滋子の初登場シーンの撮影は「共演者がたくさん出ている中で滋子登場!というシーンでしたので、すごく緊張しましたが、皆さんにとても盛り上げて頂き、優しかったです」
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20120430/2010909_201204300946074001335729633c.jpg


ニュース引用元
http://mainichi.jp/mantan/news/20120429dyo00m200034000c2.html
http://mainichi.jp/mantan/news/20120429dyo00m200034000c.html
http://www.oricon.co.jp/news/confidence/2010909/full/

http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20120430/2010909_201204300945836001335729633c.jpg

http://mantan-web.jp/gallery/2012/04/29/20120429dog00m200034000c/image/001.jpg

http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20120430/2010909_201204300946074001335729633c.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1335730448/

tag : テレビ 成海璃子 大河ドラマデビュー…清盛の妻の妹 後白河上皇妃・平滋子役

ドラマ NHK『平清盛』で男色家を演じた山本耕史、大東駿介に脚からめ「すごいねぇ」

「平家物語」ではアンチヒーローとして描かれていた清盛に新たな視点でスポットを当てたNHK大河ドラマ「平清盛」。あす4月29日は第17回「平氏の棟梁」が放送される。

1153年、弟・家盛(大東駿介)、父・忠盛(中井貴一)の死を経て、ついに清盛(松山ケンイチ)は平氏の棟りょうの座につくが、忠盛が残した功績ははかりしれず、自分の器に不安を感じ始める。また、先妻・明子(加藤あい)との子である重盛、基盛と正妻・時子(深田恭子)の子である清三郎、清四郎は、置かれた境遇にわだかまりを感じる年頃になってきていた。宗子(和久井映見)も出家し池禅尼(いけのぜんに)となり、新たな体制を敷いた平氏一門であったが、時子もまだ家人たちをまとめるにはおぼつかなく、不安な船出となる。

藤原頼長役を演じる山本耕史(35)インタビュー・後編を掲載。大河にかける思いを聞いた。

エリート一族・藤原摂関家に生まれ、忠実の次男でありながらその資質を見込まれ貴族のトップに立つ藤原頼長。最初公家のお歯黒メイクをした時に「笑ってしまった」というが「よく見ると怖い顔をしている」と感じた。公家は「ソフトな顔なのに、内面はまったく別のことを考えていることに興味を持った」という。撮影当初はお歯黒を塗っていたそうだが、「セリフ長くなると落ちてきたり、味が気になるため、マウスピースに変え、最初のうちは滑舌が難しかったけれど慣れました」という。ちなみに公家メイクには40分かかるそう。


http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120428/ent12042812000015-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120428/ent12042812000015-n2.htm

http://sankei.jp.msn.com/images/news/120428/ent12042812000015-p1.jpg
http://sankei.jp.msn.com/images/news/120428/ent12042812000015-p2.jpg
http://sankei.jp.msn.com/images/news/120428/ent12042812000015-p3.jpg

ニュース引用元
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120428/ent12042812000015-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120428/ent12042812000015-n2.htm

http://sankei.jp.msn.com/images/news/120428/ent12042812000015-p1.jpg

http://sankei.jp.msn.com/images/news/120428/ent12042812000015-p2.jpg

http://sankei.jp.msn.com/images/news/120428/ent12042812000015-p3.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1335591029/

tag : ドラマ NHK『平清盛』で男色家を演じた山本耕史 大東駿介に脚からめ すごいねぇ

テレビ 「平清盛」視聴率低迷も楽観的 「野球なら3回が終わったあたり」…NHK大河ドラマ「平清盛」第2部説明会

 視聴率低迷などで話題となっている松山ケンイチ(27)主演の2012年NHK大河ドラマ「平清盛」(日曜後8・00)の第2部説明会が27日、東京・渋谷の同局で行われた。

 22日の放送分の第16回「さらば父上」で第1部が終了した同ドラマ。29日の第17回「平氏の棟梁(とうりょう)」からスタートする第2部では、ようやく平氏の棟梁となった清盛が保元の乱(1156年)、平治の乱(1159年)を経て、武士の頂点に立つまでを描く。

 初回視聴率歴代ワースト3位となる17・3%でスタート。その後も低迷が続き、第5回までは15%以上をキープしたものの、第6回で一気に13・3%にまで下落、第13回と第16回ではこれまでの最低11・3%を記録している。第1部全16話の平均は14・5%となっている。()

ソース:スポニチ Sponichi Annex
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/04/27/kiji/K20120427003133860.html



ニュース引用元
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/04/27/kiji/K20120427003133860.html

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1335518527/

tag : テレビ 平清盛 視聴率低迷も楽観的 野球なら3回が終わったあたり …NHK大河ドラマ 第2部説明会

芸能 船越英一郎「家出」はあきれた茶番 ドラマ宣伝にマスコミ乗せられる

 俳優、船越英一郎さん(51)が妻、松居一代さん(54)と一緒に住んでいた自宅から「家出」してしまった。船越さんは松居さんに殴られるなどしたといい、スポーツ紙やテレビなどで報じられ、一部で大騒ぎになった。本当ならびっくりだが、ドラマ宣伝の話題作りだったようだ。

 松居さんが2012年4月27日に自分のブログで明らかにしたもので、記事タイトルは「沢尻エリカちゃんが原因で夫が家出?! 」となっている。

■エリカ様とのラブシーンに松居一代激怒!?

 4月30日放送のドラマ「悪女について」(TBS系)に船越さんが出演する。ブログによると、ドラマの中で船越さんが、主演の沢尻エリカさんとラブシーンを演じることに松居さんが嫉妬。ラブシーン撮影翌日の3月下旬、船越さんが普段ほど優しくなかったことに激昂し、松居さんが一方的に殴ったり蹴ったりしたという。

 その後、船越さんが家出。自宅の衣装部屋から船越さんの服も靴も全てなくなっていたといい、「いったい夫の心になんの変化があったのか」と書いている。その後の展開についても、これからブログで報告していくということだ。

 ドラマのラブシーンが原因で夫が家出と、ネタとしてはかなり面白い。4月27日からスポーツ新聞やテレビが相次いで報じたが、28日の情報番組「情報ライブミヤネ屋」(日本テレビ系)に松居さんが電話で生出演し、真相が明らかになった。()

ソース:J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2012/04/27130761.html?p=all


ニュース引用元
http://www.j-cast.com/2012/04/27130761.html?p=all

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1335520824/

tag : 芸能 船越英一郎 家出 はあきれた茶番 ドラマ宣伝にマスコミ乗せられる

ドラマ 武井咲主演「Wの悲劇」初回視聴率は10.9% 夏樹静子の同名名作ミステリーを大胆にアレンジ!

女優・武井咲が一人二役を演じるテレビ朝日系の新ドラマ『Wの悲劇』(毎週木曜 後9:00)の初回が26日に放送され、平均視聴率が10.9%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったことが27日、わかった。

発刊から30年、1984年には薬師丸ひろ子主演で映画化され大ヒットした、夏樹静子の同名名作ミステリーを大胆にアレンジし、現代的に見せる。武井が演じる大財閥の家に生まれたお嬢様・和辻摩子と、貧しさを呪いながら生きる孤独な少女・倉沢さつき。さつきが関わった殺人事件をきっかけに、同じ顔を持つ女性が出会い、お互いが入れ替わったことで、それぞれ直面する悲劇の数々を描く。桐谷健太、福田沙紀、松下由樹、若村麻由美、中村俊介、野際陽子らが共演。

オリコン 4月27日(金)10時14分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120426-00000351-oric-ent



ニュース引用元
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120426-00000351-oric-ent

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1335496965/

tag : ドラマ 武井咲主演 Wの悲劇 初回視聴率は10.9% 夏樹静子の同名名作ミステリーを大胆にアレンジ

PR

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。