PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸能 怖い仲間が帰ってくる…ターゲットは高嶋政伸/仲間由紀恵が来年1月8日スタートのフジテレビ系ドラマ「サキ」に主演

女優、仲間由紀恵(33)が来年1月8日スタートのフジテレビ系ドラマ「サキ」(火曜後10・0、初回15分拡大)に主演することが29日、分かった。

昨年1月期、人妻を陥れる悪女・沙希を演じて反響を呼んだ同局系主演ドラマ「美しい隣人」の制作陣が再集結。主人公が同一人物のサキとして再登場し、今度は男たちを破滅へと導く。ターゲットとなる男役は、私生活でモデル、美元(33)との離婚が成立したばかりの高嶋政伸(46)。実生活の苦難を生かした演技に注目が集まりそうだ。

昨年1月期に放送された「美しい隣人」で、檀れい(41)演じる人妻に近づき、夫を寝取って家庭崩壊させ、大反響を呼んだ“悪女・仲間”が2年ぶりに再来する。

制作側によると、「サキ」は「-隣人」で仲間が演じたサキを主人公にしながらも、「-隣人」とはまったく別の物語で、仲間以外出演者が全員代わる。

主人公の綱浜サキは総合病院小児科の看護師で、美しく人の心の機微を読み取ることができる男性にとって理想の女性。だが、自らの手を一切汚さず、その巧妙な手口で男を破滅へと導く。ターゲットの1人、病院理事長役には、泥沼の離婚裁判がようやく決着した高嶋が起用された。

離婚後初ドラマで、仲間とは03年のテレビ朝日系「トリック」以来の共演。実生活では苦難を乗り越えたが、劇中ではくしくも仲間演じる悪女に翻弄される役どころ。

高嶋は役作りで初めてひげを生やしたことを明かし、「秩序の塊のような人間。そういった秩序がサキの存在によって崩れていくところが今回の役の面白さだと思います」と力を込めた。実生活の苦悩が、演技で十二分に生かせそうだ。()

ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
http://www.sanspo.com/geino/news/20121130/oth12113005170013-n1.html
http://www.sanspo.com/geino/news/20121130/oth12113005170013-n2.html
画像:「サキ」に主演する仲間由紀恵。2年前に茶の間を震撼させた悪女、サキが帰ってくる
http://www.sanspo.com/geino/images/20121130/oth12113005170013-p1.jpg
高嶋政伸
http://www.sanspo.com/geino/images/20121130/oth12113005170013-p2.jpg

ニュース引用元
http://www.sanspo.com/geino/news/20121130/oth12113005170013-n1.html
http://www.sanspo.com/geino/news/20121130/oth12113005170013-n2.html

http://www.sanspo.com/geino/images/20121130/oth12113005170013-p1.jpg

http://www.sanspo.com/geino/images/20121130/oth12113005170013-p2.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1354221350/

スポンサーサイト

tag : 芸能 怖い仲間が帰ってくる…ターゲットは高嶋政伸 仲間由紀恵が来年1月8日スタートのフジテレビ系ドラマ サキ に主演

芸能 母娘愛の感動実話、常盤貴子主演で初ドラマ化…来年1月26日放送のテレビ朝日系特番「ゆりちかへ ママからの伝言」

女優、常盤貴子(40)の主演で、日本中の涙を誘った感動の実話が初ドラマ化されることが29日、分かった。来年1月26日放送のテレビ朝日系特番「ゆりちかへ ママからの伝言」(後9・0)で、末期がんと闘いながら、残される幼い娘のために1冊の本を書き続けたテレニン晃子さん(享年36)の物語。常盤が届ける珠玉の母娘愛が、多くの視聴者の胸を打ちそうだ。

常盤主演で、感動の実話がよみがえる。「ゆりちかへ-」は、脊髄(せきずい)がんで余命宣告を受けた福岡県の晃子さん(2008年死去)が、生まれたばかりの一人娘、柚莉亜(ゆりあ)の将来のために、恋、友人、勉強、おしゃれなど、母親として娘に教えたかった言葉を記していく姿を描く物語。

病床で死の恐怖や痛みと闘いながら手記を書き続けた晃子さんは、読者に娘を知ってもらい、励ましてもらいたいと手記を1冊の本として販売。

「生きたい」などと娘の成長を見届けられない悔しさも綴られた同名手記は、07年に福岡市の出版社、書肆侃侃房(しょしかんかんぼう)から出版され、地方出版社としては異例の7万部を売り上げた。

多くの読者の胸を打った同書は、フジテレビ系「ザ・ベストハウス123」の「涙が止まらない!感動の実話本ベスト3」で1位に輝いたほか、日本テレビの24時間テレビなど数々のメディアも紹介。09年には同書に感動した歌手の河口恭吾(38)が、晃子さんの思いを歌にした楽曲「キミに残す手紙」をリリースするなど、大きな反響を呼んだ。()

ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
http://www.sanspo.com/geino/news/20121130/oth12113005040008-n1.html
http://www.sanspo.com/geino/news/20121130/oth12113005040008-n2.html
画像:http://www.sanspo.com/geino/images/20121130/oth12113005040008-p1.jpg
http://www.sanspo.com/geino/images/20121130/oth12113005040008-p2.jpg

ニュース引用元
http://www.sanspo.com/geino/news/20121130/oth12113005040008-n1.html
http://www.sanspo.com/geino/news/20121130/oth12113005040008-n2.html

http://www.sanspo.com/geino/images/20121130/oth12113005040008-p1.jpg

http://www.sanspo.com/geino/images/20121130/oth12113005040008-p2.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1354222112/

tag : 芸能 母娘愛の感動実話 常盤貴子主演で初ドラマ化…来年1月26日放送のテレビ朝 ゆりちかへ ママからの伝言

テレビ フジテレビ 視聴率改善へ“変化”の手応え「底は見た感はある」「出来のいいドラマは(視聴率が)取れてない」

 フジテレビの11月度定例会見が29日、東京台場の同局で開かれ、豊田皓社長が視聴率競争で苦戦が続いている現状について説明した。

 豊田社長は10月改編の新番組について、「バラエティーは全体的に苦戦をしている状況」と説明。世界の偉人の言葉を紹介する「世界は言葉でできている」(水曜後7・57~8・54)は3回放送の平均視聴率が5・6%、「料理の鉄人」の後継番組となる「アイアンシェフ」(金曜後7・57~8・54)は4回放送の平均8・7%と2桁に届かず。ドラマも“月9”の「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~」はこれまでの平均が17・1%と奮闘しているが、その他は平均10%台に落ち着いている。

 豊田社長は「ドラマに関しては出来がいいと思うのは(視聴率が)取れていない。どの辺りに原因があるかを精査して、次につなげていく」と、現在テコ入れの最中であることを明かした。世代別では10代から30代の視聴者数獲得には自信も見せ、「高視聴率はそれが広がっていくので、もうひと踏ん張りかな」と話した。

 また、1年を総括し、「(視聴率低迷の)底は見た感じはする」と“変化”の手応えはつかんだ様子で、「厳しい1年ではあったが、明るい正月を迎えて攻勢に出ていきたい」と来年以降の巻き返しを誓った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121129-00000110-spnannex-ent

ニュース引用元
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121129-00000110-spnannex-ent

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1354187041/

tag : テレビ フジテレビ 視聴率改善へ“変化”の手応え 底は見た感はある 出来のいいドラマは 視聴率が 取れてない

芸能 原作ファンが猛反発 剛力彩芽がフジ月9ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」初主演決定の舞台裏

「この本好きなだけにショック大きい」「酷すぎて震えるレベル」来年1月から放送のフジテレビの月9ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」で剛力彩芽の主演が決まった。ところが発表後すぐに原作小説のファンが猛反発し、ツイッターなどで炎上が起きたのだ。

「抗議内容は原作の主人公と剛力のイメージがあまりにかけ離れているというもの。放送もされていない段階で、これほど反対意見がでるのは珍しい」(芸能デスク)

“ビブリア”は文庫本3巻が累計310万部を突破した三上延氏の作品。鎌倉で古書店を経営する主人公の篠川栞子は、〈黒髪でストレートのロングヘアー。体型はスレンダーながら巨乳。地味で薄幸な20代後半の美人〉という設定。この作品は「ライトノベル」のためイラストもついているが、たしかにショートヘアーで、明るく元気な20歳の剛力とは真逆の印象だ。なぜ、こんなちぐはぐなキャスティングになったのか。()

ソース:週刊文春WEB
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/2099
画像:http://shukan.ismedia-deliver.jp/mwimgs/e/e/-/img_eedad0b6950190560ca03d36d10751ee30891.jpg


ニュース引用元
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/2099

http://shukan.ismedia-deliver.jp/mwimgs/e/e/-/img_eedad0b6950190560ca03d36d10751ee30891.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1354196425/

tag : 芸能 原作ファンが猛反発 剛力彩芽がフジ月9ドラマ ビブリア古書堂の事件手帖 初主演決定の舞台裏

芸能 瑛太「今まで見たことのないドラマだと思います」…来年1月スタートのフジテレビ系「最高の離婚」で“四角関係”に挑戦

俳優、瑛太(29)が来年1月スタートのフジテレビ系「最高の離婚」(木曜後10・0)に主演することが28日、分かった。

女優、尾野真千子(31)と真木よう子(30)がWヒロインで、等身大アラサー男を演じる瑛太のそれぞれ妻、元恋人役に決定。真木の夫役は俳優、綾野剛(30)と豪華キャストの夫婦2組が、今どきの結婚事情を描くラブ&ホームコメディーに挑む。

シリアスからコメディーまで幅広い演技をこなす瑛太が、今どきの30代が抱える“未熟な結婚事情”をリアルに演じる!()

ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
http://www.sanspo.com/geino/news/20121129/oth12112905040007-n1.html
http://www.sanspo.com/geino/news/20121129/oth12112905040007-n2.html
画像:http://www.sanspo.com/geino/images/20121129/oth12112905040007-p1.jpg
http://www.sanspo.com/geino/images/20121129/oth12112905040007-p2.jpg
http://www.sanspo.com/geino/images/20121129/oth12112905040007-p3.jpg
http://www.sanspo.com/geino/images/20121129/oth12112905040007-p4.jpg

ニュース引用元
http://www.sanspo.com/geino/news/20121129/oth12112905040007-n1.html
http://www.sanspo.com/geino/news/20121129/oth12112905040007-n2.html

http://www.sanspo.com/geino/images/20121129/oth12112905040007-p1.jpg

http://www.sanspo.com/geino/images/20121129/oth12112905040007-p2.jpg

http://www.sanspo.com/geino/images/20121129/oth12112905040007-p3.jpg

http://www.sanspo.com/geino/images/20121129/oth12112905040007-p4.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1354134770/

tag : 芸能 瑛太 今まで見たことのないドラマだと思います …来年1月スタートのフジテレビ系 最高の離婚 で“四角関係”に挑戦

芸能 黒木瞳、戦う“シュートメ”役で主演ドラマ 鬼嫁役の相武紗季と壮絶バトル…来年1月スタートのテレビ朝日系「おトメさん」

女優の黒木瞳が来年1月スタートのテレビ朝日系連続ドラマ『おトメさん』(毎週木曜 後9:00)に主演することが28日、わかった。“トメ”とは姑(しゅうとめ)の略。黒木は姑(夫の母)から解放されたと思ったら、今度は怖い嫁(息子の妻)に仕えるハメになる孤独な主婦水沢麻子を演じる。姑をいびる嫁・李里香を演じるのは相武紗季。家のことは妻任せ、外では女遊びがやめられない麻子の夫・水沢博行に俳優・石田純一が出演するのも話題になりそうだ。

女性の地位や立場が社会的に変化するのに伴い、嫁姑関係も激変。従来のホームドラマで定番だった絶対的“姑”優位の構図も崩壊した。姑に対して自由な発言と権利の主張を繰り返し、姑のことを「トメ」と呼んではネットで悪口三昧、家でもやりたい放題の嫁が増えていると言われる。

同作は、そんな今どきの実情を反映した新感覚の嫁姑ドラマ。『白い巨塔』(フジテレビ系)、『14才の母』(日本テレビ系)、『同窓会~ラブ・アゲイン症候群』(同局系)などを手がけた脚本家・井上由美子氏による完全オリジナルストーリー。

夫は仕事に夢中で家族に無関心、一人息子はいつまで経っても自立せず、同居することになった嫁には隠し事が次々と…。孤立無援、疑心暗鬼の渦に巻き込まれた主人公の姑が、凶悪な嫁に立ち向かい、家族と自分自身を再生させていく過程を、近隣で発生した謎の失踪事件を絡めてコミカルかつサスペンスフルに描く。()

ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
http://www.oricon.co.jp/news/movie/2019161/full/
画像:得体の知れないヨメ(相武紗季・左)から大切な家族を守るため立ち上がる孤高の“シュートメ”を演じる黒木瞳
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20121129/2019161_201211290606782001354133432c.jpg
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20121129/2019161_201211290606994001354133432c.jpg

ニュース引用元
http://www.oricon.co.jp/news/movie/2019161/full/

http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20121129/2019161_201211290606782001354133432c.jpg

http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20121129/2019161_201211290606994001354133432c.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1354135226/

tag : 芸能 黒木瞳 戦う“シュートメ”役で主演ドラマ 鬼嫁役の相武紗季と壮絶バトル…来年1月スタートのテレ おトメさん

PR

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。