PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸能 低視聴率続きの武井咲に女優限界説「主演ドラマごり押しは事務所に莫大なCM料金が入るおいしいビジネスだが、もう限界か?」

女優限界説も出た武井咲の新作ドラマがまたも低迷掲載日時 2012年10月21日 14時00分

 女優として、もはや限界ではないか。今年4月に『Wの悲劇』(テレ朝系)でいきなりドラマの主役になり、話題を集めた武井咲。だが、最近は厳しい声が聞かれる。

 7月期クール『息もできない夏』(フジ系、火曜夜9時)でも主役だったが、平均10%に届かない視聴率だったからだ。ひき続き10月期クール『東京全力少女』(日テレ系、水曜夜9時)に主演中だが、初回9%とふたケタに達しなかった。

 武井は初回放送当日、朝4時に日テレ入りし、7番組で番宣をおこなった。だが現実は甘くなかったということだ。原因は裏番組にあった。

 「テレ朝系で『相棒』の新シーズンが始まり、同番組では水谷豊の相手役が及川光博から成宮寛貴に代わる話題性があった。さらに『相棒』は初回のみ1時間早い夜8時スタートで、『相棒』が独占的に視聴者をさらい19.9%と大きく引き離した」(テレビ雑誌担当記者)

 この勝負、武井にとってはかなり不利というしかないだろう。武井の『東京全力少女』は今後、固定ファンがついている『相棒』と戦わなければいけない。だが相手は横綱であり、しょせん十両クラスの武井に勝ち目はない。

 武井が数字をとれないのは、これまでのデビュー過程にも原因があるといえよう。職人の場合、修行をある程度やるものだ。コックや板前なら、5年はやらないと一人前になれない。女優の場合も同様。脇役で怒鳴られ磨かれていくのが普通である。そうした鍛錬を積み、主役として抜擢されるのだ。しかし武井の場合は、もっとも重要な修行部分がすっぽり抜けている。

 「事務所が、タダでもいいから出してくれ、とテレビ局に頭を下げまくっているという噂もある。そういわれても仕方がないほど数字が悪い。ただ、実際は事務所に莫大なCM料金が入ってくる。立派なビジネスになるんですよ」(芸能界関係者)

 武井はしばらく女優業を休み、一から女優修行をすべきである。そして、また戻ってきても遅くはない。

http://wjn.jp/article/detail/9741766/

ニュース引用元
http://wjn.jp/article/detail/9741766/

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1350813393/

tag : 芸能 低視聴率続きの武井咲に女優限界説 主演ドラマごり押しは事務所に莫大なCM料金が入るおい もう限界か

PR

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。