PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ/視聴率 NHK大河ドラマ「平清盛」、3週連続の1ケタ…第41話の視聴率は7.9%

NHK大河ドラマ「平清盛」 3週連続の1ケタ 第41話は7・9%松山ケンイチ(27)主演の2012年NHK大河ドラマ「平清盛」(日曜後8・00)の第41話が21日に放送され、平均視聴率が7・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが22日、分かった。第31話の7・8%(8月5日放送)、第33話の9・3%(8月26日放送)、第39話の9・7%(10月7日放送)、第40話(10月14日放送)に続き、5回目の一ケタ。41話までの平均は12・5%。

大河50周年の記念作となる本作は王家、貴族、武士が覇権を争っていた混迷の平安時代末期を舞台に、松山演じる平清盛(1118~1181年)の生涯を中心に壇ノ浦の戦いまでの平家一門の栄枯盛衰を源氏の視点で描くもの。脚本はNHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」(07年放送)などを手掛けた藤本有紀氏によるオリジナル。

共演は源頼朝役と語りを務める岡田将生(22)、清盛の正妻・平時子役を演じる深田恭子(29)ら。ほかにも、神木隆之介(19)、青木崇高(32)、塚本高史(29)、松田翔太(26)、杏(26)、成海璃子(19)、武井咲(18)、「V6」の森田剛(32)といった豪華な面々が名を連ねている。

「賽の目の行方」と題された第41話は、滋子(成海璃子・20)がこの世を去り、後白河法皇(松田)と清盛(松山)の関係が大きく変わった。1177年、後白河法皇は清盛のいる福原を訪ね、「もうここへは来ない」と告げる。あからさまに平家を冷遇し始める法皇に警戒心を強める清盛は、延暦寺の明雲(腹筋善之介・47)との連携を深める。そんな中、比叡山延暦寺を本山とする加賀国白山の寺で、法皇の近臣・西光(加藤虎ノ介・37)の息子・藤原師高(菅勇毅・29)が僧ともめ事を起こす。明雲たちは師高の流罪を求めて強訴を起こした。事態は収まらず、法皇は動揺する。法皇を見捨てるように、清盛は静観して…という展開だった。

スポニチ http://www.sponichi.co.jp/entertainment/yomimono/drama/taiga/2012/index.html

ニュース引用元
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/yomimono/drama/taiga/2012/index.html

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1350875627/

tag : ドラマ 視聴率 NHK大河ドラマ 平清盛 3週連続の1ケタ…第41話の視聴率は7.9%

PR

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。