PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ 2012年の番組視聴率、サッカーが上位を独占 NHK「朝ドラ」「大河」は明暗分かれる 民放連続ドラマも苦戦

【回顧2012番組】視聴率 サッカーが上位独占

NHK「朝ドラ」「大河」明暗

 タイムシフト(時差)視聴に適したドラマが苦戦する一方、リアルタイム(同時)でないと楽しみが半減するスポーツ中継が視聴率上位を独占した。ビデオリサーチ社のデータを基に、1年を振り返る。

■スポーツ

 男子サッカーの2014年W杯ブラジル大会のアジア地区最終予選がベスト3を独占。放映権を持つテレビ朝日の躍進に大きく貢献した。女子サッカーの日本代表「なでしこジャパン」のロンドン五輪での戦いにも注目が集まった。決勝の「日本×米国」の中継は、早朝にもかかわらず異例の高視聴率となった。男子もベスト4に進出する快進撃で、年間視聴率ベスト15の過半数の8番組がサッカー中継という結果となった。

 五輪は、ロンドンと日本の時差の関係で視聴率への影響が心配されたが、過去最高のメダルを獲得した日本勢の活躍もあり、視聴率は善戦した。男女のマラソン、女子の柔道、バレーボール、レスリングが20%台を記録した。

 プロ野球は、巨人が3年ぶりの日本一を決めた日本シリーズ第6戦「巨人×日本ハム」(日本・11月3日)が23・3%。フィギュアスケートも安定した視聴率を稼いでいる。

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20121212-182113-1-L.jpg
W杯サッカーアジア地区最終予選「オーストラリア×日本」戦。先制ゴールを決めた栗原勇蔵(左から2人目)を祝福するイレブン



ニュース引用元
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20121212-OYT8T00837.htm

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20121212-182113-1-L.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1355400528/

tag : テレビ 2012年の番組視聴率 サッカーが上位を独占 NHK 朝ドラ 大河 は明暗分かれる 民放連続ドラマも苦戦

PR

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。