PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ/視聴率 江口洋介主演の「dinner」、初回視聴率は8.8%

江口洋介が天才シェフ役「dinner」 初回は8・8%13日にスタートした江口洋介(45)主演のフジテレビ系連続ドラマ「dinner」(日曜後9・00)の初回平均視聴率が8・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。

2010年からスタートした日曜9時ドラマ枠“ドラマチック・サンデー”第10弾作品で、超有名イタリアンレストランを舞台に、シェフやオーナーらそこで働く人々の悩みや葛藤、夢を描く群像劇。「スクール!!」(2011年1月クール)以来の2年ぶり2度目の同枠主演となる江口は、妥協を許さない主人公の天才シェフ・江崎を演じる。ヒロインは倉科カナ(25)で、病で倒れたオーナーシェフの父に代わり、レストランを守るためひたむきに頑張る支配人を演じる。劇中では同局系料理バラエティー「アイアンシェフ」から料理長が出演オファーを受ける場面もある。スタート前には、出演が決定していた野波麻帆(32)が妊娠を理由に降板したことも話題となった。

初回は、『リストランテ・ロッカビアンカ』はオーナーシェフである辰巳(風間杜夫)の人気もあり、連日大勢の客でにぎわっていた。辰巳の娘で支配人の沙織(倉科カナ)がお客を迎え、給仕長の瀬川壮一(ユースケ・サンタマリア)が席へ案内する…いつもように、満席の客に対応していた。そんなある日、辰巳がくも膜下出血で倒れ、意識不明の重体になってしまう。混乱する中、沙織はいつも通りに店を開けるが、辰巳がいない影響は拭えず、店は寂れていってしまう。沙織は辰巳と同じ店で修業したという江崎(江口洋介)を新しい料理長に迎えることに。その頃、江崎は小さなイタリアンバルの厨房に立ち、黙々と仕事をこなしていた…という展開だった。[ 2013年1月15日 10:52 ]

スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/01/15/kiji/K20130115004984150.html

ニュース引用元
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/01/15/kiji/K20130115004984150.html

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1358215378/

tag : ドラマ 視聴率 江口洋介主演の dinner 初回視聴率は8.8%

PR

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。