PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ 「保科正之を大河ドラマに」署名50万人突破・・・NHKへ11回目の要請

旧高遠藩主で、幕府の輔弼役として江戸時代の平和の礎を築いた保科正之(1611~72年)
の大河ドラマ化を目指す「保科正之公の大河ドラマをつくる会」は19日、NHK(東京都)へ11回目の要請に訪れた。ドラマを担当する制作局の関係者に署名が全国屈指の50万人を突破したことを報告。「明暦の大火」の被害を最小限にとどめ、復興にリーダーシップを発揮した正之をドラマに取り上げるよう求めた。

正之は徳川2代将軍秀忠の子として生まれ、正室の目を逃れて高遠藩で7歳から26歳まで過ごした。4代将軍家綱の後見役として、明暦の大火の復興や玉川上水の開削、年金制度の創設などで武断政治から文治政治への転換を図った。

つくる会は旧高遠町で2004年に発足。08年にドラマ化を応援する国会議員の会、県議会の会、同市会議員連盟が相次いで立ち上がり、10年には同市や県、初代藩主を務めた福島県会津若松市、墓がある猪苗代町などで構成する全国組織に発展させた。

NHKで会長の白鳥孝伊那市長は「混沌とした社会で民政を優先させたリーダー。惻隠と仁の人物として正之公を主人公にしたドラマの制作を」と述べ、顧問の加藤さゆり副知事は「領民のために災害復興に尽力した正之公こそ大河にふさわしい」と要望書を手渡した。

対応した制作局の掛川治男局長は「大河は時代のニーズによって主人公が決まる。思いはしっかりと受け止めたい」。若泉久朗ドラマ番組部長は「『風林火山』で高遠を訪れた際に大河ドラマ化ののぼり旗がずらりと並んでいたことを覚えている。50万人の重みを受け止めたい」と応じた。NHK大河は、14年が黒田官兵衛に決まっている。

http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=27711

ニュース引用元
http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=27711

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1361327755/

tag : テレビ 保科正之を大河ドラマに 署名50万人突破・・・NHKへ11回目の要請

PR

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。