PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ BPO青少年委員会委員長、昼の連続ドラマ「幸せの時間」(フジテレビ系)に「テレビの持つ公共的責任を強く自覚してほしい」

放送倫理・番組向上機構(BPO)青少年委員会の汐見稔幸委員長は4日、昨年11~12月に放送された昼の連続ドラマ「幸せの時間」(東海テレビ制作、フジテレビ系)に関し、「テレビの持つ公共的責任を強く自覚してほしい」との談話を発表した。ドラマには女子中学生が服を脱ぐシーンなどがあり、放送直後から「性的描写が過激」「子供が見る可能性もある」などの批判が寄せられ、同委は東海テレビとの意見交換を含めた審議を行っていた。談話は「番組内容が国民の教養形成に与える影響の大きさ」を強調。「視聴率競争の激しい中で、これが標準パターンとして是認されていくことを懸念した」と指摘した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130304-00000084-jij-soci

ニュース引用元
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130304-00000084-jij-soci

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1362382073/

tag : テレビ BPO青少年委員会委員長 昼の連続ドラマ 幸せの時間 フジテレビ系 テレビの持つ公共的責任を強く自覚してほしい

PR

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。