PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ 「イタズラなKiss」が日本で再ドラマ化 主人公は未来穂香

1990年から99年まで『別冊マーガレット』(集英社)で連載され、累計発行部数3000万部を超える大ヒット少女漫画『イタズラなKiss』が、17年ぶりに日本で2度目のドラマ化がされることが7日、わかった。ドジで一直線な主人公・相原琴子がIQ200の天才イケメン・入江直樹に一途な片思いをするラブコメディ。今回の『イタズラなKiss~Love in TOKYO』では、琴子をモデル・女優の未来穂香(16)が初主演で務め、直樹を俳優・古川雄輝(25)が演じる。

同作は96年に日本、その後台湾(05年・07年)、韓国(10年)でもドラマ化されており、05年の台湾版は、その年の全テレビ番組で視聴率ナンバー1となる人気ぶり。原作者が急逝したため未完となっているが、現在も世界中から映像化のオファーが絶えない超人気作である。

今回、初主演となった未来は原作の漫画を全巻持っているほど「大ファン」で、「原作ファンがいることや、韓国や台湾でも放送されていたので比べられちゃうというプレッシャーもある」と緊張の面持ち。しかし「日本の2013年版で私たちしかできない、『イタズラなKiss』をつくる自信はあります」と胸を張り、「女の子にとって夢のある物語。悪役は出ないし幸せになる作品なので、観ている人が思わずニヤッとしたり、ホッとしたり、そういう顔になってくれれば」とアピールした。()

ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
http://www.oricon.co.jp/news/movie/2022412/full/
画像:「イタズラなKiss~Love in TOKYO」に出演する(左から)山田裕貴、未来穂香、古川雄輝
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20130308/2022412_201303080443203001362686433c.jpg

ニュース引用元
http://www.oricon.co.jp/news/movie/2022412/full/

http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20130308/2022412_201303080443203001362686433c.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1362687009/

tag : テレビ イタズラなKiss が日本で再ドラマ化 主人公は未来穂香

PR

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。