PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 沢口靖子主演「科捜研の女」 根強い人気、シリーズ最終回視聴率14.2%

沢口靖子(47)主演のテレビ朝日系列連続ドラマ「科捜研の女」(木曜後8・00)の最終回が14日に放送され、視聴率が14・2%だったことが15日、分かった。

全話の平均は12・6%。 京都府警科学捜査研究所を舞台に、沢口演じる法医研究員・榊マリコがDNA鑑定・画像解析などを“科学”を武器に犯罪に立ち向かう姿を描くミステリードラマ。99年に第1シリーズからスタートし、今作が第12シリーズとなるが、今回も根強い人気ぶりを発揮した。前作の第11シリーズ(12年)では、初回で17・1%の高い視聴率を記録した人気作。

共演は主人公と共に犯罪に立ち向かう刑事役で内藤剛志(57)、高橋光臣(31)が出演するほか、研究員役には風間トオル(50)、斉藤暁(59)、長田成哉(23)、奥田恵梨華(32)ら。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130315-00000073-spnannex-ent

ニュース引用元
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130315-00000073-spnannex-ent

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1363406188/

tag : ドラマ 沢口靖子主演 科捜研の女 根強い人気 シリーズ最終回視聴率14.2%

PR

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。