PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ NHK連続テレビ小説「あまちゃん」、脚本の宮藤官九郎が不安と迷いを明かす

朝ドラ『あまちゃん』 クドカンが不安と迷いを明かす 2013年04月07日(日) 07:00

4月1日からスタートしたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』。初回から20.1%の高視聴率を記録し、早くも「『カーネーション』以来の良作となりそう」との声も挙がっている。

『あまちゃん』の脚本を手がけているのは、これが朝ドラ初挑戦の宮藤官九郎。若者を中心に絶大な人気を誇る宮藤だが、彼が得意とするサブカル的な小ネタの応酬やアクロバティックな展開が朝ドラでも見られるのか!? と、放送前より期待は高まっていた。そんな宮藤の朝ドラへの意気込みが語られているのが、『週刊文春』で連載中のエッセイをまとめた『え、なんでまた?』(文藝春秋)だ。

昨年の5月、ちょうど脚本を担当することが発表されたときには、「少なくともあと1年半は死んだり捕まったり滞納できません」「プレッシャーだなあ」と不安を吐露している宮藤。半年間、月曜から土曜まで放送されるという量的な不安は当然ながら、質についても不安視。「僕の描く物語が果たして朝8時という時間にマッチするのか? しないと思う。明らかに夜用」と感じているらしく、試しに過去に手がけた『うぬぼれ刑事』を視聴。「情報量多すぎ、カロリーも高過ぎ。朝から五目焼きそば食べたような気分です」と自ら揶揄している。

『あまちゃん』の舞台は岩手県北三陸。宮藤の実家も同じく東北の、宮城県栗原市。インタビューでは「震災があったから東北を舞台にしようと思ったのではありません」と語っているが、朝ドラ執筆前の2011年11月のエッセイでは、「フィクションの現場では、まだ何となく東北は触りづらいという空気があります。作り物という負い目からか足並み揃えようと周囲の出方を窺っている。そんな現状に東北出身者として漠然とですが違和感を覚え始めました」「自粛という名目で東北を無視してないか? フィクションとはいえ震災を“無いこと”にするのは違うんじゃないか」と、その思いの内を明かしている。

ダ・ヴィンチ電子ナビ http://ddnavi.com/news/132916/

ニュース引用元
http://ddnavi.com/news/132916/

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1365303314/

tag : ドラマ NHK連続テレビ小説 あまちゃん 脚本の宮藤官九郎が不安と迷いを明かす

PR

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。