PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ NHK大河ドラマ「八重の桜」第14話視聴率最低の11・7%

7日に放送されたNHK大河ドラマ「八重の桜」第14話の視聴率が、これまでで最低となる11・7%(関東地区)だったことがビデオリサーチの調べで明らかになった。

「八重の桜」は初回21・4%でスタートしたが、2話で18・8%に下げ、10話以降は全て15%を下回っていた。これまでの最低は、WBC日本対オランダ戦の放送(視聴率34・4%)と重なった3月10日の12・6%だったが、今回はこれを更新した。

14話では、八重(綾瀬はるか)と川崎尚之助(長谷川博己)の婚礼などが描かれた。同時間帯では、日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!SP」が13・8%、テレビ東京「モヤモヤさまぁ~ず2SP」が12・8%などだった。

大河史上最低の視聴率を記録して話題になった前作「平清盛」も13話で11%台となり、浮上できないまま1ケタ台を低迷した。「八重の桜」も同じような動きを見せており、巻き返しが期待される。

[2013年4月8日13時36分]

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130408-1109556.html



ニュース引用元
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130408-1109556.html

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1365433508/

tag : テレビ NHK大河ドラマ 八重の桜 第14話視聴率最低の11 7%

PR

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。