PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ 夕方の視聴率争いが激化…テレビ朝日のドラマ「相棒」再放送が高視聴率を記録、日本テレビ&フジテレビが対抗

夕方の視聴率争い激化 テレ朝「相棒」好調で日テレ、フジが対抗

夕方の再放送が高視聴率を記録しているテレビ朝日の刑事ドラマ「相棒」。その独り勝ちに待ったをかけようと、ライバル・日本テレビは15日から「ぶらり途中下車の旅」の再放送を始めた。フジテレビも4月からニュース番組の開始時間を前倒し。関東地区の夕方の視聴率争いが、にわかに激しくなっている。

「相棒」の再放送はこれまでも随時行われていたが、2012年3月のシーズン10の本放送終了直後から、平日の夕方にほぼ毎日、時には土曜日にも再放送している。1日3話連続という異例の編成をした日もある。

周囲には「やり過ぎると飽きられるのでは」という懸念もあったが、今年1~3月になっても10%以上の平均視聴率を記録。時にはその日のテレビ朝日の番組の中で「相棒」の再放送が最も視聴率が高いという日もあり、全日(午前6時~午前0時)視聴率の底上げに貢献している。

「社会性があり、サスペンスの魅力もあり、人間ドラマの要素も持っている。何度見ても飽きない作品の深さがある」と同局の早河洋社長。今年4~9月には新作の放送がないことから、4月以降も再放送を継続している。

これに危機感を募らせたのが、関東地区の視聴率トップをテレビ朝日と争っている日本テレビだ。「相棒」の再放送と同時間帯の午後4時台に放送した番組はドラマ、バラエティーの再放送やPR番組だったが、12年度の平均視聴率は4%弱にとどまった。

そこで、主な視聴者層が「相棒」と重なる50歳以上で、ここ1年半、11%近い平均視聴率を誇る紀行番組「ぶらり途中下車の旅」(土曜前9・30)の再放送をぶつける戦略を立てた。ナレーターが藤村俊二になった2011年秋以降の放送分から、季節に合った回を選んで月・火曜日の夕方に再放送する。

YOMIURI ON LINE http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20130417-OYT8T00839.htm

ニュース引用元
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20130417-OYT8T00839.htm

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1366793869/

tag : テレビ 夕方の視聴率争いが激化…テレビ朝日のドラマ 相棒 再放送が高視聴率を記録 日本テレビ&フジテレビが対抗

PR

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。