PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 「なにJ-POPの歌詞みたいなこと言ってんだよ!」 『家族ゲーム』で櫻井翔が口にした台詞に視聴者驚く「このドラマすごい」

ドラマ『家族ゲーム』で主演する櫻井翔が、台詞とはいえ「なにJ-POPの歌詞みたいなこと言ってんだよ!」と口にしたことが話題となっている。櫻井といえばトップアイドルグループ・嵐のメンバーであり、彼らこそJ-POP界を牽引する立場なのだ。その台詞が飛び出した直後から、ツイッターでは「面白かった」、「笑った」といった感想がつぶやかれた。

櫻井翔が演じる家庭教師の吉本荒野が“怖いけど見たくなる”と話題のドラマ『家族ゲーム』の第2話が4月24日に放送された。吉本荒野が教える沼田家の中三の次男・沼田茂之(浦上晟周)が学校でいじめられて落ち込んでいるところに、秀才高校生の長男・沼田慎一(神木隆之介)が言葉をかける場面でのことだ。

「一度立ち止まって、しばらく休んでからまた自分のペースで歩き出せばいい」と弟を励ます兄に、吉本荒野がこう言い放った。「なにJ-POPの歌詞みたいなこと言ってんだよ!」というその台詞には視聴者から大きな反響があり、ツイッターでも「J-POP歌ってんのお前だろ!」、「あなたJ-POP歌ってるじゃないですか。いいねぇ~」などの感想が次々とツイートされた。

「第2話の白眉は、オリコン年間1位をとったこともある人に『なにJ-POPの歌詞みたいな…』と言わせたとこだな」、「天下の嵐に『なにJ-POPの歌詞みたいな…』って言わせるこのドラマすごい」、「J-POP歌うアイドルがさ、『J-POPの歌詞みたいな…』って言うのよ。すごいよ、家族ゲームのスタッフさん、櫻井翔も…」と斬新な台詞に感心するツイートも少なくない。ドラマ中の台詞とはいえ、嵐の櫻井翔がJ-POPの歌詞を鼻で笑う設定に驚いた視聴者がかなりいたと思われる。

ちなみに吉本荒野は「なにJ-POPの歌詞みたいなこと言ってんだよ!」と吐き捨てた後に、「成功者で立ち止まった者なんていない」ということをつけ加える。J-POPのトップに立つ嵐も立ち止まってはいない。それに彼らには「歩き出す」よりも、ヒット曲“Happiness”の「♪走りだせ~、走りだせ~」の歌詞が似合う。

Techinsight Japan(編集部 真紀和泉) 2013年04月26日11時00分
http://news.livedoor.com/article/detail/7627998/

ニュース引用元
http://news.livedoor.com/article/detail/7627998/

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1366987358/

tag : ドラマ なにJ-POPの歌詞みたいなこと言ってんだよ 『家族ゲーム』で櫻井翔が口にした台詞に視聴者驚く このドラマすごい

PR

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。