PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 冲方丁さんの小説「光圀伝」をNHK大河ドラマに…水戸、常陸太田、那珂の3市の商工団体、行政などが推進協議会を設立

「光圀伝」大河ドラマに 推進協発足

徳川光圀を主人公にした冲方(うぶかた)丁(とう)さんの小説「光圀伝」を大河ドラマにしようと、茨城県水戸、常陸太田、那珂の3市の商工団体、行政、観光協会などが7日、推進協議会を設立した。

光圀伝は、幼い頃を海外で過ごし、「テレビの水戸黄門もほとんど見たことがない」という冲方さんが大量の資料を読み解き、茨城への現地取材も重ねて、書き上げた。昨年9月に発売されると販売部数は12万部を突破。昨年10月には山田風太郎賞を受賞し、今年の本屋大賞にもノミネートされた。

2011年末にTBS系のテレビ時代劇「水戸黄門」が放映終了し、意気消沈していた地元関係者たちは光圀伝の人気を見て、「新たな観光振興の核に活用できないか」と大河ドラマ化を模索するようになった。

この日、水戸市内で開かれた設立総会で、協議会長に、水戸商工会議所の和田祐之介会頭が就任。橋本知事が顧問、3市長が相談役を務めることも決まった。水戸市は光圀生誕の地で、常陸太田市には晩年を過ごした西山荘があり、那珂市にもゆかりの地が多い。

協議会では、水戸藩が35万石だったことにちなみ、35万人分の署名を来年3月までに集め、NHKに提出する考えだ。

和田会頭は「非常に面白い小説で一気に読んだ。大河ドラマ化へのハードルは相当に高いと思うが、しっかりと地元の熱意を伝えたい」と決意を語った。

この動きについて、冲方さんは「非常に光栄。大河ドラマは地域密着型のエンターテインメントで、地域活性化や貢献の巨大なモデル。僕が役に立てることであれば、何でも協力したい」と歓迎している。(2013年5月8日 読売新聞)

YOMIURI ON LINE http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news2/20130508-OYT8T00611.htm
「役に立てることは何でもする」と話す冲方さん(3月10日撮影)
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20130508-125168-1-L.jpg

ニュース引用元
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news2/20130508-OYT8T00611.htm

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20130508-125168-1-L.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1368005451/

tag : ドラマ 冲方丁さんの小説 光圀伝 をNHK大河ドラマに…水戸 常陸太田 那珂の3市の商工団体 行政などが推進協議会を設立

PR

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。