PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ NHK大河「八重の桜」前半最大のヤマ場で視聴率14%の「じぇじぇじぇ」 麻生千晶氏「ひと言で言って、脚本家の力量不足」

NHK大河「八重の桜」の“客離れ”は深刻だ。ドラマ前半の最大のクライマックスと大宣伝したにもかかわらず、前放送回(6月30日)の平均視聴率は14.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)。前々回(12.9%)より盛り返したものの、寂しい結果に終わった。

綾瀬はるか(28)演じる八重が鉄砲隊の指揮官に自ら志願。戦死した弟の形見の軍服に身を包み、戦場と化した鶴ケ城で鉄砲を構え、敵を撃つ見せ場もあった。それに加え、悲劇の会津藩を象徴する西郷頼母一族の自決や、白虎隊の自刃シーンも描かれていただけに、関係者の落胆は激しい。

「視聴率回復のため、途中から大幅に脚本を書き直した結果がこれ。もはや綾瀬の出演シーンを増やすだけではダメなのか……」(NHK関係者)

週刊誌で話題になるのは、八重の再婚相手役・“低視聴率男”オダギリジョー(37)の登場リスクや、竹子役の黒木メイサ(25)の現場での傲慢な態度など、負のネタばかり。視聴率20%オーバーと絶好調な朝ドラ「あまちゃん」とは明暗クッキリである。

「今の大河は義務で視聴しているに過ぎず、ワクワクすることがない」とは、作家の麻生千晶氏。つまらない要因をこう喝破した。

「物語の中心は歴史上の武家の争い事ばかり。おかげで山本覚馬や頼母といった男たちの理念や思想ばかりが垣間みえ、肝心の主役の内面が全く伝わってこない。一体、八重はどんな考えの持ち主なのか。どんな思いを抱いていたのか。これまで人物像がしっかりと描かれてこなかったがゆえ、勇ましいセリフも通り一遍にしか聞こえない。ひと言で言って、脚本家の力量不足。

http://gendai.net/img/article/000/143/207/092c7314be42280912551061bc81ef29.jpg
綾瀬はるか

2013年7月2日 掲載
http://gendai.net/articles/view/geino/143207

ニュース引用元
http://gendai.net/articles/view/geino/143207

http://gendai.net/img/article/000/143/207/092c7314be42280912551061bc81ef29.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1372758301/

tag : ドラマ NHK大河 八重の桜 前半最大のヤマ場で視聴率14%の じぇじぇじぇ 麻生千晶氏 ひと言で言って 脚本家の力量不足

PR

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。