PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ 中山秀征が談志になる!NHK・BSプレミアム「人生、成り行き 天才落語家・立川談志」後編で13年ぶりにドラマ主演

タレントの中山秀征(45)が13年ぶりにドラマに主演することになった。NHK・BSプレミアム「人生、成り行き 天才落語家・立川談志」の後編「ここにあり(仮題)」(8月18日・後10時)で、2011年に死去した立川談志さん(享年75歳)を演じる。相当なプレッシャーがあったという中山だが、談志さんの長女・松岡ゆみこさん(49)は「そっくり」と太鼓判を押した。

ヘアバンドにメガネ姿の中山は、談志さんになりきっていた。“落語界の風雲児”の波乱万丈の人生を描く同ドラマ。前編「青春疾風録(仮題)」(8月11日・後10時)で青年時代を俳優・小出恵介(29)、落語協会を飛び出して立川流を設立する後編を中山、前後編を通じて亡くなる直前を田中泯(68)が演じる。

2000年のフジテレビ系「世にも奇妙な物語」以来のドラマ主演で、談志さんの一般的に最も印象の強い時代を担当する中山は「レジェンド中のレジェンド。演じるのは大変なこと。相当の覚悟を持って臨みました」。背中を押してくれたのは約10年前に共演した際の、談志さんの「囃(はや)されたら踊れ」という言葉だったという。

役作りのためドキュメンタリー番組や本を徹底的にチェック。墓参りもした。撮影は主に談志さんが実際に暮らしていた東京・練馬の一軒家で行われた。「食卓もベッドも貴重な資料もそのまま残されている。その場に立つと不思議なものを感じました」。衣装もスタッフが細部にまでこだわった。松岡さんは「本物よりも本物らしかった。家族でも『本当に似てるよね』と言ってます」と振り返った。

落語と格闘する生きざまに、中山は刺激を受けた様子。「もっと仕事にしつこくなっていいんだな、と思った。さっぱりしすぎてたと反省しました。もっとべったり、ねっとりですね」と自分に言い聞かせていた。

ソース:スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130714-OHT1T00029.htm
画像:「立川錦之助」として立川流に入門したビートたけしらの貴重な千社札を披露する中山と松岡ゆみこさん
http://hochi.yomiuri.co.jp/photo/20130714-492126-1-L.jpg

ニュース引用元
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130714-OHT1T00029.htm

http://hochi.yomiuri.co.jp/photo/20130714-492126-1-L.jpg

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1373751930/

tag : テレビ 中山秀征が談志になる NHK・BSプレミアム 人生 成り行き 天才落語家 立川談志 後編で13年ぶりにドラマ主演

PR

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。