PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸能 広末涼子、主演ドラマ惨敗・・・2度のデキ婚に視聴者拒絶か

「取れる」条件が揃っていたのに、まさかの崖っぷちスタートだ。「スターマン・この星の恋」(フジ系、火曜22時~)は初回視聴率10.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。1ケタ寸前の数字に終わった。

広末涼子(32)にとって17年ぶりの連ドラ主演。「最後から二番目の恋」の脚本家・岡田恵和と、「池袋ウエストゲートパーク」の演出家・堤幸彦がタッグを組んだのだから、前評判は良かった。3人の息子を育てる肝っ玉シングルマザーを演じる広末のほかも話題性十分。年の差夫婦に扮するイケメンの福士蒼汰(20)と、パート先の同僚役の有村架純(20)
は共にNHK朝ドラに出演中の“あまちゃん俳優”。「とんび」(TBS)で内野聖陽と父子を演じ、「おとしゃん」の名ぜりふで注目された子役・五十嵐陽向クンも三男役で出ている。しかも舞台は先日、世界遺産に登録された「富士山」の麓、富士河口湖町だ。

「前時間帯の松嶋菜々子(「救命病棟24時」)が17%超をマークし、本来なら棚ボタでいい数字が取れたはず。強力な競合番組もない時間帯。それでもガクッと落ちたのは、意思を持ってチャンネルを変えられたということ。『座長・広末』の引きの弱さが露呈しました」(テレビ局関係者)

コラムニストの桧山珠美氏も、「あらゆる話題や流行にあやかったものの、女性はおろか男性も食指が動かなかったということでしょう。それぐらい2度のデキ婚という広末は拒絶されている」とこう続ける。

「福士に一目惚れした広末が『許せ、母も女だ!』と言うせりふは、彼女のこれまでの恋愛遍歴を意識したものだと思うのですが、演技派とは言い難い広末には荷が重い。うまく消化し切れず、せっかくの仕掛けも台なしです。私生活でも母親なのに、他局のドラマでシングルマザーを演じる子供がいない満島ひかりより母性がなく、前クールで年の差男を骨抜きにした篠原涼子ほど色気も感じない。とにかくナイナイ尽くしで突っ込みどころ満載。ほかの主演女優で見たかった……」

http://news.livedoor.com/article/detail/7855091/



ニュース引用元
http://news.livedoor.com/article/detail/7855091/

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1373849837/

tag : 芸能 広末涼子 主演ドラマ惨敗・・・2度のデキ婚に視聴者拒絶か

PR

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。