PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 正気でない韓国メディア・・・『半沢直樹』にまで難クセ 「無慈悲になった日本社会の一面」と批判

「反日なら何でもあり」の韓国メディアで、あきれ果てる日本バッシングが相次いでいる。

慰安婦や島根県・竹島について日本を攻撃する論調は相変わらずだが、銀行を舞台にしたTBS系人気ドラマ「半沢直樹」までヤリ玉に挙げているのだ。「やられたらやり返す。倍返しだ!」が決めゼリフの半沢でさえ、腰を抜かしそうな難クセの中身とは。

噴飯ものの批判を展開したのは、8月30日付韓国紙「中央日報」(日本語電子版)に掲載された「半沢直樹の『倍返しだ!』…今の日本社会を反映?」と題するコラムだ。

筆者のイ・ヨンヒ記者は、25日放送の「半沢直樹」が視聴率29%を記録し、「倍返しだ!」が日本で流行語になっていると紹介。1980年代には「倍返し」という言葉が「バレンタインデーのお返しのホワイトデーは倍返し」などと恋人同士の言葉だったとする論評に触れ、こう続けた。「余裕にあふれたこのセリフが正反対のすさまじい意味で使われる社会になってしまった」「近頃せっかちで無慈悲になった日本社会の一面を見ているようで、心中穏やかではない」

どんな言葉も、言い方次第でニュアンスが変わるのは当たり前。話題の「半沢直樹」に絡めて、大した根拠もなく「日本社会=無慈悲」と批判する文章というしかない。 以下略)

http://news.livedoor.com/article/detail/8027220/

ニュース引用元
http://news.livedoor.com/article/detail/8027220/

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1378166811/

tag : ドラマ 正気でない韓国メディア・・・『半沢直樹』にまで難クセ 無慈悲になった日本社会の一面 と批判

PR

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。