PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ 半沢直樹「出演者たちの舞台裏エピソード」(アサ芸+)

http://www.asagei.com/15649

[1/2]撮影現場の様子について番組関係者が言う。「今回、堺さんは、特に銀行の専門用語などが多いので、自宅や移動の車内でセリフ回しを何度も繰り返し音読して覚えていると聞きます。現場ではすでにイメージトレーニング万全で、瞑想するように目を閉じて台本さえも持ち込まないのです」

当然、NGがほとんどないという堺。しかし、演技のハードルが上がることで、他の共演者は戦々恐々だという。「ある共演者は、『セリフの長い主演(堺)がトチらないんだから、自分なんかが失敗できない』と漏らしてました。共演者たちに無言のプレッシャーを浴びせています」(前出・番組関係者)

そんなピリピリ感の極みが、半沢に立ちふさがる天敵・大和田常務役の香川照之(47)だったという。「香川は堺とは、昨年の映画『鍵泥棒のメソッド』で共演し、演者として火花を散らし合った因縁がある。一方で香川は、特別出演ということを割り引いても、あの北大路欣也(70)を差し置いてエンドロールのトメ(最後)に名を連ねている。これは香川にとって相当なプレッシャーで、近寄りがたいほどのオーラを放っています」(TBS関係者)

一方、こうした現場の空気を破るように軽口を叩いてムードメーカーになっていたのが、半沢の同期・渡真利役の及川光博(43)と半沢の良妻役で再注目され、実生活でも新婚の上戸彩(27)だという。「上戸の演技については『相変わらずの大根役者』とか『シリアスな作品の中で浮いている』といった声も確かにある。しかし、あの緊迫した中に、上戸のほんわかした演技が入ることで、作品に抑揚がつき、より緊迫した場面を際立たせる意図があるそうです」(テレビ誌ライター)



ニュース引用元
http://www.asagei.com/15649

2ちゃんねるでの反応
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1379481156/

tag : ドラマ 半沢直樹 出演者たちの舞台裏エピソード アサ芸+

PR

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PR

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。